第2回作文コンテスト(ドイツ在住者向け)

第2回「青年の主張・私の人生設計」作文コンテスト

集合写真
第2回スピーチコンテスト出場者と審査員、主催者のみなさん

大阪・ハンブルク友好都市協会会長賞 奥田美理さん
ユディット・フレッケさん(テュービンゲン大学)最優秀賞受賞大阪・ハンブルク友好都市協会会長賞 奥田美理さん
特別優秀賞受賞者、タヨ・ノイマンさん(ハンブルク大学)を囲んで大阪・ハンブルク友好都市協会会長賞 奥田美理さん
三好公使、乾杯のご挨拶大阪・ハンブルク友好都市協会会長賞 奥田美理さん
坂本真由美さんによる独唱/伴奏:道辻千尋さん

非営利株式会社ビッグ・エス インターナショナル主催、ハンブルク大学日本学研究室(ドイツ国ハンブルク 市)、大阪・ハンブルク友好都市協会(大阪市)共催による第2回日本語スピーチコンテスト・作文コンテストが2010年6月12日(土)ハンブルク大学 (ハンブルク市)で開催されました。

ドイツにおけるドイツ人による日本語スピーチコンテストは昨年に続き2回目で、第3回大会はベルリンでの開催が予定されています。
2011年は日独交流150周年の節目の年で、日独両国での様々なイベントが企画されています。

本大会には24名の応募があり、プレコンテストの結果10名の方が本戦に出場しました。
審査は、在ハンブルク総領事館の成宮清介総領事(審査委員長)様、ハンブルク大学日本語学研究所のヨルク・クエンツアー研究所長(副審査委員長)様、ケル ン日本文化会館の上田浩二館長(副審査委員長)様など9名の審査委員で行なわれ、その結果、最優秀賞はテュービンゲン大学のユディット・フレッケさんが受 賞されました。
副賞としてドイツー日本往復航空券(ルフトハンザドイツ航空社様提供)並びに穴吹カレッジグループ(香川県高松市)での日本語二週間コース特待生の権利並 びに非営利株式会社ビッグ・エス インターナショナルが運営するドイツヒュッテ(香川県高松市)の無料宿泊が贈呈されました。

又特別優秀賞には副賞として大阪・ハンブルク友好都市協会より写真集「大阪」及びデジタルカメラ(パナソニックドイツ様提供)が贈呈されました。

スピーチコンテスト終了後、約120名の方々による懇親会が開かれ、ソプラノ歌手坂本真由美さんによる日本の歌が披露され、素晴らしい日独交流の会となりました。

日本における第10回ドイツ語スピーチコンテスト・第2回作文コンテストは今秋11月14日(日)、大阪国際交流センターで開催されます。

受賞者

ケルン日本文化会館 館長の上田浩二様より講評があり、司会者より以下の方の順位が発表されました。
最優秀賞
表彰状・金メダル
副賞:パナソニックデジタルカメラ
(パナソニックドイツ様協賛)
アレクサンドラ・ファウストさん
・学校名 セシリエン ギムナジウム/デュッセルドルフ
・タイトル 「私の人生計画」
ライン
優秀賞
表彰状・金メダル
副賞:パナソニックデジタルカメラ
(パナソニックドイツ様協賛)
ウンディーネ・ヴィンケルスさん
・学校名 ゲレス ギムナジウム/デュッセルドルフ
・タイトル 「あなたが世界を動かす、向かう先も決めなさい」
ライン
優良賞
表彰状・金メダル
副賞:パナソニックデジタルカメラ
(パナソニックドイツ様協賛)
ミリアム・シュタインケさん
・学校名 ギィムナジウム アンドレアヌム/ヒルデスハイム
・タイトル 「私の人生 – 自分は誰、どんな自分になりたいの?」

審査員

審査委員長
成宮 清介
在ハンブルク日本国総領事館 総領事
審査副委員長
ヨルク・B.クェンツァー
ハンブルク大学アジア・アフリカ研究所(日本学) 研究所長
審査副委員長
上田 浩二
ケルン日本文化会館 館長
モニカ・ウンケル
ボーフム・ルール大学外国語教育研究所日本語学科
(ヤポニクム) 学科長
岡 雅彦
ハンブルク日本人会 副理事長
橋丸 榮子
ハンブルク独日協会 副会長
野呂 香代子
ベルリン自由大学 専任講師
亀山 剛生
独日文化交流育英会 副理事長
PAGETOP